WEBLOG

東海大会2017

2017.11.19

第22回東海テコンドー選手権大会

 年内最後の試合となる東海大会が、岐阜県の岐阜メモリアルセンターふれあいドームで開催されました。岡崎道場からは、9名の道場生が選手として日頃の練習の成果をぶつけに出場しました。

水野樹選手(小1)は、毎日の家練習の成果が実り、トゥル黄帯で優勝

宇野仁弥選手(中2)は、中学生のトゥルとマッソギで貫禄の2冠

マッソギの中学生男子Ⅰ部決勝は、岡崎道場生同士の対決

高橋実花選手(高1)は、久しぶりの出場にもかかわらず、堂々の成年Ⅰ部マッソギ優勝
粂柚里選手(大学生)も、成年Ⅱ部マッソギで初優勝

 

みんながんばりました。

 
 

岡崎安城合同合宿

2017.8.19-20

技術向上と道場間交流の2日間

お盆明けの土日、岡崎道場と安城道場の合同合宿を圓福寺で行いました。
一日目は、型の練習を基礎からしっかり稽古しました。
練習の後は、バーベキューと花火で盛り上がりました。
二日目は、朝5時半起床で、岩津天満宮までの坂道をみんなでランニングの後に朝食。
二日目の練習は、スパーリング練習を行いました。
練習の後は、道場(圓福寺会館)の掃除を行い、圓福寺本堂にて座禅を行いました。

型の練習

 

バーベキュー

特別参加のカナダ人練習生

 

楽しい花火

スパーリング練習

 

本堂にて座禅

 

わんぱくテコンドー2017

2017.8.6

一般参加の恒例夏イベント

 夏休み真っただ中の午後、岡崎中央総合公園総合体育館内第一錬成道場にてわんぱくテコンドーを開催しました。外は灼熱の猛暑ですが、道場の中は空調が効いていて快適な中、道場生と一般の子供たちが一緒にテコンドーの練習をしました。
 準備運動の後、テコンドーの基本的な動きやミットを蹴ったりパンチしたり。はじめての子は、慣れない動きにもがんばって挑戦していました。
 後半は、愛知ITFテコンドークラブの各道場の指導員らによる迫真の組手や板割りの披露を見物しました。
 帰りにはお菓子のおみやげをもらい、笑顔で終了しました。